競馬予想に最適!!競馬用語集
服色
レース時に、騎手が着用する服の色の事です。一般的には「勝負服」と呼ばれています。これは、馬主によって決まっているもので、2003年現在登録してある数は約 2,200種、色・模様ともに様々です。中央競馬においては、標準色は13色(赤、桃、黄、緑、青、水、紫、薄紫、茶、えび茶、ねずみ、黒、白)。模様は輪、一文字、帯、山形(ひし山形、のこぎり歯形)、たすき、縦じま、格子じま、元ろく(チェス盤のような模様)、ダイヤモンド、うろこ、かすり、玉霰、星散、蛇の目または銭形散があり、1つの服色について、胴と袖・地色と模様に最大4色までの使用が認めれています。又、競走中に各馬の識別が容易に出来るように、模様のサイズ等が決まっている他、似たような服色は登録出来ません。
競馬予想TV競馬用語集:服色
無料競馬予想競馬予想TV

競馬を始めてまだ間もないと言う方達にも人気があります、なるべく専門用語は使わずに、より解りやすくレースを解説しています、肝心な予想に関しても今シーズン既に100万越えの日を3回出しています、外れ馬券裁判でも解ったとおり競馬で勝ち越ししている人のほとんどはコンピューターによる予想システムとインターネットにて馬券購入を行っています。さあネット馬券攻略を始めましょう!