朝日杯フューチュリティステークス 競馬予想TV

PCサイト
<
朝日杯フューチュリティステークス,競馬,チャンネル

朝日杯フューチュリティステークスとは

朝日杯フューチュリティステークス開催地 中山競馬場

朝日杯フューチュリティステークス距離 1600m(芝)

1949年に関東所属の2歳(旧3歳)競走馬のチャンピオン決定戦朝日杯3歳ステークスとして創設、第1回は中山競馬場の芝1100mで施行された。第1回から現在までずっと混合戦として行われている。 2001年に競走馬の年齢表記を国際基準に合わせたことに伴い、競走名が「朝日杯フューチュリティステークス」となった。2004年からは3歳のクラシックと出走条件を合わせる目的から、出走条件が牡馬・牝馬になりせん馬の出走ができなくなった。ただ、せん馬が優勝したことはこれまで一度もなかった。 中山競馬場の芝1600mで第1コーナーのポケットの奥から発走。最後の上り坂以外は延々と下り坂が続くためスピードが出やすい。そして最初の第2コーナーまでの直線距離は240mと短く、そこで外枠発走の馬が大きな距離ロスを受けやすいためにフルゲートの頭数は朝日杯フューチュリティステークスなどが18頭なのに対し16頭に減らされている。しかしそれ以外にも、他の競馬場の同じ距離での競走のコーナーの数の2つであるのに対し3つと多く、またスプリンターズステークスなどの競走でも共通するが、最後の直線距離も310mと短く第4コーナーを一団となって曲がるために、そこで大きく膨らんで距離をロスする外枠や最後の追い込みが得意な馬にとって、非常に厳しいコース形態となっている。2009年現在、20年以上7枠8枠の馬の優勝は無くGI昇格時にまで遡ってもそれは10頭以下での施行時に限られている。 つまり、枠順以外の勝敗の要素としては、前めで内寄りの位置を確保するためのスタートの上手さや加速力などといった器用さが大きな割合を占めることになる。しかしGI昇格後こそ「クラシックへの登龍門」とも言われ、クラシック出走条件に合わせてセン馬の出走を禁じるなどの変更が加えられたりしたが、この競走形態により1993年のナリタブライアンを最後に、この競走を制していた馬ばかりか出走していた馬の中ですら東京優駿を勝った馬はなく、更にこの競走で2007年に3着に入ったキャプテントゥーレが翌年の皐月賞(クラシックの中で最も条件が近い)を制するまで、長らくクラシック競走の優勝馬が出ていないという状況が示す通り、クラシックで不振になる傾向が強い。 そのため、クラシックを目指す競走馬は阪神競馬場の芝2000mで施行するラジオNIKKEI杯2歳ステークスや有馬記念当日に行われるホープフルステークスに出走させる傾向もあり、またかつて外国産馬に閉ざされていたクラシックも近年は開放されつつあるため、こぞってここを目標に外国産馬が出走するという光景も見られなくなっている。武豊はこの競走で2着は3度記録しているが(2009年現在)1度も勝ったことがない。

朝日杯フューチュリティステークス歴代優勝馬 2008年 セイウンワンダー 2007年 ゴスホークケン 2006年 ドリームジャーニー 2005年 フサイチリシャール 2004年 マイネルレコルト

人気カテゴリー

圧倒的な的中率で予想提供

サムネイルメニュー

  • 健康状態
  • 関係者コメ
  • 距離特性
  • 東スポ

年間通じて確実に勝てるサイト紹介します。

無料競馬予想競馬予想TV

今まで馬券はたくさん買ったが予想は外れてばっかりというあなたのために下記の項目について説明してみたいと思います。このサイトを読んで競馬予想がバンバン当った!競馬に勝つことができた!と言われるとうれしいですね。

お問い合わせはこちら
MENU