日本ダービー 競馬予想TV

PCサイト
<
日本ダービー,競馬,チャンネル

日本ダービーとは

日本ダービー開催地 東京競馬場

日本ダービー距離 2400m(芝)

一般的にはレース名の副称である日本ダービーの名で広く知られており、現在の日本の競馬においてその代名詞とも言える競走である。「競馬の祭典」という呼称もマスコミが広く用いている。 1932年(昭和7年)にイギリスのクラシック競走であるダービーステークスを範して創設された、日本で最も古くから同一条件で開催されている競走の一つで、毎年5月末頃に開催され、春の皐月賞、秋の菊花賞とともに三冠競走を構成する。 出走資格は3歳の牡馬・牝馬の競走馬だけに与えられ、去勢された馬は出走権がない。 中央競馬が誇る八大競走の1競走で、皐月賞・菊花賞とで中央競馬の牡馬クラシック三冠競走を構成する。牡馬のクラシック三冠競走として皐月賞は「最もはやい馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われるのに対し、東京優駿は「最も幸運な馬が勝つ」という謳い文句がある。これは圧倒的な有力馬と目されていたものが、最大の目標であり世間の注目の集まる本競走において何らかのアクシデントによって勝利を逃したり、出走を断念せざるを得ない事態に見舞われる例が屡見られるのを象徴している。桜花賞・皐月賞のどちらかと近年新設されたNHKマイルカップを合わせて変則三冠競走と呼ばれることもある。 日本の競馬における本競走の位置づけは特別である。皐月賞や菊花賞など他の競走はスタンド改築などにより他の競馬場で代替開催されることはあるが、東京優駿は第3回に目黒の競馬場から現在の府中の東京競馬場への移転によるコース変更があっただけで他の競馬場での代替開催は一切行われたことがない。過去に東京競馬場のスタンド改修などがあった時にも時期をずらして施行されている。また、近年は東京競馬場の改修工事を東京優駿の開催は変更しない前提で日程を組んでいる。これは前述の7大原則の7の「以上1から6を満たす競走は国内において本競走のみとすること」に基づいているからである。 創設期には国内に比肩のない大競走であり、その後競走体系の整備が進むにつれて「二大競走」、「五大競走」、「八大競走」等と称されてきたが、常にその中核をなし、国内での最高賞金を誇っていた。後に、一年の活躍馬を集めて年末に行われる有馬記念や海外の活躍馬を招待して開催されるジャパンカップに賞金面では譲り、公式な格付においても専ら外国の馬に対する出走制限を理由に国際統一規格に基づく格付から外れ、この格付上は国内の他の多くの競走よりも下位におかれるようになった(興行上は独自の格付であるJpnIとして名目上の最高格を維持した。2010年からは正式に国際規格に基づく最高格のGIと認定される見込みである。)。さらに近年、本競走を頂点とする従来の国内の競走体系から、様々な距離体系等の分野別のチャンピオンを選別する体系に遷移し、必ずしも全ての競走馬が本競走を目指すという状況ではない。しかしながら、しばしば、ある年の一年の競馬を端的に表す場合には有馬記念やジャパンカップの優勝馬や年度代表馬ではなく、その年の本競走の優勝馬が挙げられ、日本競馬界の象徴であり最大級の目標であるという点については創設以来の価値を保っている。

日本ダービー歴代優勝馬 2009年 ロジユニヴァース 2008年 ディープスカイ 2007年 ウオッカ 2006年 メイショウサムソン 2005年 ディープインパクト

人気カテゴリー

圧倒的な的中率で予想提供

サムネイルメニュー

  • 健康状態
  • 関係者コメ
  • 距離特性
  • 東スポ

年間通じて確実に勝てるサイト紹介します。

無料競馬予想競馬予想TV

今まで馬券はたくさん買ったが予想は外れてばっかりというあなたのために下記の項目について説明してみたいと思います。このサイトを読んで競馬予想がバンバン当った!競馬に勝つことができた!と言われるとうれしいですね。

お問い合わせはこちら
MENU