秋華賞 競馬予想TV

PCサイト
<
秋華賞,競馬,チャンネル

秋華賞とは

秋華賞開催地 京都競馬場

秋華賞距離 2000m(芝)

1996年に牝馬三冠の最終戦として行われていたエリザベス女王杯が4歳以上の牝馬にも出走資格が与えられたのに伴い、新たな牝馬三冠の最終戦として創設された3歳(旧4歳)の牝馬限定の重賞(GI)競走。 牝馬三冠のうち春季に施行されている桜花賞や優駿牝馬(オークス)と異なり、イギリス競馬のクラシック競走に範を取った競走ではないため、クラシック競走には位置づけられていない。また創設時から混合競走(外国産馬の出走も可能)のため外国産馬が多数出走し、1996年のファビラスラフイン、2002年のファインモーションが外国産馬として優勝している。 2008年には1着にブラックエンブレム(11番人気)、2着にムードインディゴ(8番人気)、3着にプロヴィナージュ(16番人気)が入り三連単の配当がJRAの重賞競走で最高額(全体でも3位)の10,982,020円(109,820.2倍、4,896通り中4,275番人気)を記録し、重賞競走では史上初の8桁配当となった。また、三連複の配当がJRAの重賞競走で最高額(全体でも5位)の1,869,680円(18,696.8倍、816通り中750番人気)を記録した。 秋華賞は1996年に新設されて以降、京都競馬場の芝・内回りトラックの2000mコースで施行され、発走は観戦スタンド前となっている(前身である秋の3歳牝馬GIの旧エリザベス女王杯は芝・外回りトラックの2400mコース)。 このコースの形態は発走後の最初の第1コーナーまでが308mと、出走可能頭数(フルゲート)が18頭となるコースとしては距離が短く、前後に隊列が伸びきる前に第1コーナーを迎えやすいため、外枠からの発走となる馬は距離損により位置取りが馬群の後部になりやすい。 また、向こう正面の直線の半ばから第3コーナーにかけて3mの上り坂があり、坂を下った後は、スパイラルカーブを採用していない緩やかな第4コーナーを経てゴールまでの約600mがほぼ平坦、その内のホームストレッチ(最後の直線)は328mと比較的短い。そのため、多くの馬は下り坂で加速しながらラストスパートを仕掛け、最後の第4コーナーへは馬群一団となって殺到し、発走で前めの位置を取れた馬を除いて、勝つためには、危険を犯して馬群を突き抜けるか、前がばらけるまで待つか、距離損を覚悟で馬群を避けて後方から大きく回りこむかといった厳しい選択をさせられやすい。 これらから、強豪馬であってもしばしば逆転しきれない状況が生まれやすい波乱の多いレースとなっている。実力が反映されにくい他、未成熟な馬に負担が大きいとして、競馬ブックなどからは、施行コースの見直しの提案が出ている。

秋華賞歴代優勝馬 2009年 レッドディザイア 2008年 ブラックエンブレム 2007年 ダイワスカーレット 2006年 カワカミプリンセス 2005年 エアメサイア

人気カテゴリー

圧倒的な的中率で予想提供

サムネイルメニュー

  • 健康状態
  • 関係者コメ
  • 距離特性
  • 東スポ

年間通じて確実に勝てるサイト紹介します。

無料競馬予想競馬予想TV

今まで馬券はたくさん買ったが予想は外れてばっかりというあなたのために下記の項目について説明してみたいと思います。このサイトを読んで競馬予想がバンバン当った!競馬に勝つことができた!と言われるとうれしいですね。

お問い合わせはこちら
MENU