天皇賞 春 競馬予想TV

PCサイト
<
天皇賞 春,競馬,チャンネル

天皇賞 春とは

天皇賞 春開催地 京都競馬場

天皇賞 春距離 3200m(芝)

1938年に4歳(現3歳)以上の牡馬・牝馬(外国産馬含む)限定の定量の重賞競走帝室御賞典(春)として開催、春の競走としての第1回は鳴尾競馬場の土2700mで施行、古馬の最強馬決定戦として位置付けされた。 1939年からは施行距離を芝3200mに出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、1944年は太平洋戦争(戦時中)の影響により阪神競馬場が海軍に接収されたため施行場を現在の京都競馬場の芝3200mの能力検定競走として施行、1945年は太平洋戦争の影響で開催中止、1946年は開催されず1947年は宮内庁からの天皇賞の下賜の調整が遅れたことにより「平和賞」の名称で施行され1948年から再び宮内庁から天皇賞を下賜された事により名称が「天皇賞(春)」に変更された。 1957年より当時の昭和天皇の誕生日である4月29日の開催となり、日曜日以外に行われることのある大レースとなり昭和天皇が崩御するまで続いた。ただし1989年は既に日程が決まっていた為にそのまま4月29日開催となり、翌1990年より日曜日開催に変更された。なお1990年は4月29日が日曜日だった為、実質的には4月29日開催は1990年まで続いた。 また1972年は前年からの馬インフルエンザ騒動の余波でその年の1月から2月まで関東地区の開催が中止になった関係で施行日程が大幅に順延となったこと、また1974年は厩務員ストライキで開催日程が順延となった関係で4月29日に開催されなかった。 1965年は京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行、1970年は阪神競馬場の芝3200mで施行、1972年からは前年における活馬(生きている馬)の輸入自由化に伴い外国産馬が出走できなくなり1980年は京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行、1981年から勝ち抜け制度が廃止され天皇賞に1度優勝した競走馬も再び出走が可能になり1984年からはグレード制施行によりGIに格付けされた。 1994年は京都競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝3200mで施行、1995年からは指定競走に指定、阪神大賞典・日経賞・大阪杯で2着以内に入賞した地方所属の競走馬にも出走資格が与えられ2000年からは外国産馬の活躍による出走枠の見直しの一環により総収得金額順上位2頭(フルゲート18枠に満たない場合は4頭)まで出走可能になり2004年からは外国産馬の出走枠が4枠に拡大され、2005年からは国際競走に指定、外国産馬の出走枠制限が撤廃され外国調教馬が5頭まで出走可能になった。 出走資格は4歳(旧5歳)以上の競走馬(外国産馬含む)及び出走条件を満たした地方所属の競走馬と海外競走馬(5頭まで)。種牡馬又は繁殖牝馬選定競走の位置付けにあるためせん馬は出走できなかったが、2008年より出走可能となった。 また、海外主要長距離GIとの連携の観点から2008年よりオーストラリア最大のレースであるGIメルボルンカップの前年度(オーストラリアは8月~7月を1シーズンとしているため、オーストラリアの基準では同一シーズン)の優勝馬を招待することを決定。これ以前にも2003・2004・2005年メルボルンカップ優勝馬のMakybe Divaが2005年に出走しているが、この時は招待馬ではない。また、このレースの優勝馬は同年のメルボルンカップへの優先出走権が与えられる。

天皇賞 春歴代優勝馬 2009年 マイネルキッツ 2008年 アドマイヤジュピタ 2007年 メイショウサムソン 2006年 ディープインパクト 2005年 スズカマンボ

人気カテゴリー

圧倒的な的中率で予想提供

サムネイルメニュー

  • 健康状態
  • 関係者コメ
  • 距離特性
  • 東スポ

年間通じて確実に勝てるサイト紹介します。

無料競馬予想競馬予想TV

今まで馬券はたくさん買ったが予想は外れてばっかりというあなたのために下記の項目について説明してみたいと思います。このサイトを読んで競馬予想がバンバン当った!競馬に勝つことができた!と言われるとうれしいですね。

お問い合わせはこちら
MENU