阪神ジュベナイルフィリーズ
阪神ジュベナイルフィリーズ開催地
阪神競馬場
阪神ジュベナイルフィリーズ距離
1600m(芝)
阪神ジュベナイルフィリーズとは
1949年に関西所属の2歳(旧3歳)競走馬のチャンピオン決定戦阪神3歳ステークスとして創設、1956年は阪神競馬場の改修工事により京都競馬場で京都3歳ステークスの名称で施行された。
1991年には牡馬と牝馬の2歳(旧3歳)チャンピオン決定戦を明確にするという理由でこの年から牝馬限定の競走に変更、名称を阪神3歳牝馬ステークスとして施行されるようになった。この3歳頂点を決する重賞競走の牡牝分離については、それ以前より大井競馬場で開催されている重賞競走の東京3歳優駿牝馬が参考にされたといわれている。
更に2001年に競走馬年齢を国際基準に合わせたことに伴い、競走名称が「阪神ジュベナイルフィリーズ」となった。この「ジュベナイルフィリーズ」(juvenile fillies)とは仔の雌馬という意味である。
翌年度の桜花賞、優駿牝馬(オークス)など牝馬クラシック路線を占う意味でも重要な一戦として位置づけられている。特に桜花賞とは全く同じ距離・コースの設定で行われるため、この競走の上位馬は翌年の桜花賞でも有力馬に挙げられる。
出走可能な競走馬は、JRAに所属するサラ系2歳(旧3歳)の牝馬及びJRAに認定された地方所属の牝馬(5頭まで)。
現在の優勝レイの配色は、赤色地に金色文字となっている。
2006年より阪神競馬場の新コースで施行されるようになった。
阪神ジュベナイルフィリーズ歴代優勝馬
2008年
ブエナビスタ
2007年
トールポピー
2006年
ウオッカ
2005年
テイエムプリキュア
2004年
ショウナンパントル
競馬予想TOP:阪神ジュベナイルフィリーズ予想
競馬予想局

莠コ豌励せ繝槭帙さ繝ウ繝繝ウ繝