安田記念
安田記念開催地
東京競馬場
安田記念距離
1600m(芝)
安田記念とは
1951年、競馬法の制定や東京優駿大競走(日本ダービー)の創設など日本競馬の発展に尽力した日本中央競馬会初代理事長・安田伊左衛門の功績を称え4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走安田賞として創設、第1回は東京競馬場の芝1600mで施行された。1951年当時としては古馬の重賞は全て2000メートル以上で開催されており、古馬マイルの重賞はこの安田賞が初となる。 1984年からはグレード制施行に伴い最高位のGIに格付けすると共に施行時期をオークスの前週に移設されたことにより出走資格を5歳(現4歳)以上に負担重量を定量に変更、更に混合競走に指定され外国産馬の出走が可能になり、春のマイル最強馬決定戦として位置付けられ同年に新設された秋のマイルチャンピオンシップとマイル最高峰の双璧を成す競走として施行される事になる。
1993年からは国際競走に指定され外国調教馬が出走可能になり更に1995年からは指定競走に指定、地方所属馬が出走可能になり1996年からは施行時期を日本ダービーの翌週に移設されたことにより再び出走資格を4歳(現3歳)以上に変更、2004年からは国際セリ名簿基準作成委員会により国際グレードのGIに格付け、2005年からは香港ジョッキークラブとの提携でアジアマイルチャレンジを構成した。
創設当初はそれほど重要視された重賞競走ではなく、ハンデキャップ競走として施行されていた。しかし1983年までの日本競馬界はステイヤー優遇の時代でありマイラー、スプリンターにとっては不遇の時代であった。1600m以下の重賞は番組形態も整理されておらず、重賞がポツポツと年間カレンダーに点在する状況だった。その中でも春季の締め、東京競馬春開催最終日のメインレースとして行われる当競走は当時の一線級のマイラー、スプリンターが揃う名物レースであり、当時としては八大競走以外の数少ない全国発売レースの1つであった。だがそのようなレースでありながらも、1983年の当競走の優勝賞金は3200万円と他の長距離重賞や3歳馬のトライアルレースよりもかなり安めに設定されていた。この事からも当時の短距離馬の冷遇ぶりは伺える。 だが1984年のグレード制施行により短距離路線の番組形態が整理されGIに格付けされたことに伴い、名実ともに日本の春のマイル最強馬決定戦となる。その後、国際レース化され2004年には国際グレードのGIに格付け、2005年からはアジアマイルチャレンジを構成したため香港マイルやドバイデューティーフリーと並ぶアジアのマイル最強馬決定戦として定着。日本で最も歴史と伝統があり、最も格の高いマイル重賞として世界的にも知られる事になる。国内のマイラーにとっては最高栄誉の一戦として君臨する事になった。 ただし、直線の長い東京コースで行われるマイルGIということもありスピードだけでなく相応のスタミナも要求される。歴代の優勝馬にもオグリキャップやウオッカなど、中長距離の重賞の優勝経験を持つ馬が多い。
秋の同じ距離で行われるマイルチャンピオンシップとは対照的に1番人気がかなり不振であることが特徴的である。またここ10年で馬複で万馬券が5回飛び出すなどかなり波乱の様相が出ている。秋の天皇賞が直近にあるマイルチャンピオンシップと違い、春季は2000mのGIレースが無く、宝塚記念は梅雨時である事を嫌い、中長距離馬であっても安田記念を春の最大目標とする陣営が多くなっている。故に短距離馬が中心メンバーとなるマイルチャンピオンシップとは変わり、短距離〜中長距離の一線級の豪華メンバーが一同に集う事が多い。そのためJRAのGIレースの中でも大きい注目を集めるレースの1つである。前述のように、アジアマイルチャレンジの最終戦となった事により世界的にも注目されるレースとなった。
安田記念歴代優勝馬
2009年
ウオッカ
2008年
ウオッカ
2007年
ダイワメジャー
2006年
ブリッシュラック
2005年
アサクサデンエン
競馬予想TOP:安田記念予想
競馬予想局

莠コ豌励せ繝槭帙さ繝ウ繝繝ウ繝